大阪のホテルに1万円の素麺を出す店があった!そうめん【白髪】ってどれくらい細いの?

スポンサーリンク

梅雨も明け、本格的な夏到来となりました。夏といえば″素麺(そうめん)″の美味しくなる季節ですね。

庶民の味であるそうめんですが、なんと大阪に1万円のそうめんを提供するお店が話題になっているようです。低価格が売りであるそうめんを1万円にて提供とは、いったいどのようなそうめんなのでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク

1万円そうめんの内容とは

1万円そうめんを出しているお店はどこ?

提供しているのは、大阪市中央区難波のスイスホテル南海大阪内にある日本料理「花暦(はなごよみ)」さんです。

豪華なそうめん「夏陰素麺(なつかげそうめん)」を提供するのは、スイスホテル南海大阪内にある「日本料理 花暦(はなごよみ)」。「暑い夏に和食として何かできないか」と、限られた職人のみが製造できるそうめん「白髪」を使うことを決めた。

そうめんは麺が細いほど高級で、白髪は0・3ミリと最も細い。一般的に10グラムで約80本とされるが、約300本ある。

盛り付けにはクロアワビや瀬戸内産ハモ、九州産クルマエビなどを使い、水や氷は北海道産の昆布だしで味がぼけない工夫をした。つゆは南高梅、ドンコシイタケとかつおだしのブレンド、いりごまの3種類。さっぱりとした味わいや鼻から抜ける香りを楽しめる。

そうめんの提供は8月末まで。前日までに予約が必要。

引用元:大阪日日新聞

http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170710/20170710034.html

そうめんの太さ

素麺とは細さによってランク付けがされているようです。そうめん白髪は上記の記事に書いてあるように、非常に細いということですが、どれくらい細いのか!?

お馴染みの【揖保の糸】を例に説明していきます。

上級

画像出典:揖保乃糸ホームページ

http://www.ibonoito.or.jp/feature/obi.html

この赤い帯が【上級】と呼ばれるもので

太さ0.7~0.9mm

1束 約400本/50g

縒つむぎ

画像出典:揖保乃糸ホームページ

http://www.ibonoito.or.jp/feature/obi.html

紫色の帯のそうめんが【縒つむぎ(よりつむぎ)】

太さ 0.7〜0.8mm

1束 約400本/50g

特級

画像出典:揖保乃糸ホームページ

http://www.ibonoito.or.jp/feature/obi.html

こちらが【特級】

太さ 0.65〜0.70mm

1束 約480本/50g

随分と細くなってきましたね!

三神

画像出典:揖保乃糸ホームページ

http://www.ibonoito.or.jp/feature/obi.html

そしてこちらが、揖保の糸で最高級ランクの【三神(さんしん)】

太さ 0.55〜0.60mm

1束 約550本/50g

いかがですか?三神細いですね~。さすが揖保の糸最高級品です。

この三神はAmazonで価格を調べたら、19束で¥9,979(H29.7.16現在)

やはり、いい値段しますね!!この極細さが、のどごしを生むのでしょうね~。食べたいです。

しかし、1万円そうめんは、三神よりさらに細いということです。

白髪そうめんの太さは??

三神そうめんが1本の太さが0.55〜0.60mmということをお伝えしましたが、

そうめん「白髪」は、なんと1本 約0.3mmの細さ!!驚きの超極細麺!!

揖保の糸の最高級品のさらに半分の細さ!!これは、喉越しすごそうです(笑)

ここまで細いともう芸術品ですね。茹でる時間は30秒ほどでOKなんだとか。

まとめ

盛りつけには、クロアワビ・瀬戸内産のハモ、九州産クルマエビなどが使われていて、つゆは南高梅、ドンコシイタケとかつおだしのブレンド、いりごまの3種類ということです。

白髪の脇を固める役者も豪華すぎる(笑)

1万円のそうめんと聞いたら、「高すぎるだろ!!」と最初は思ったのですが、このこだわりのそうめんだと、逆に1万円でこのスター選手たちを味わえるのはお得!!と思えてきました。

三神も白髪も一度は食べてみたいですね。今年の夏の思い出に、高級そうめんを食べてみようかと思います(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする