お弁当リュックが流行中!機能や素材、価格は?耐水性は?画像にて解説!

スポンサーリンク

ヴィレッジヴァンガードの【お弁当リュック】が話題沸騰中だ。

大きなお弁当を背負っているように見えるこのリュックサック。インパクト抜群(笑)

うしろを歩いている人からの注目間違いなしの一品。このお弁当リュックの素材や機能、価格などを紹介していきます。

お弁当リュック賞

ヴィレッジヴァンガードオンラインストア

https://vvstore.jp/i/vv_000000000136814/

スポンサーリンク

お弁当リュック

販売店舗は?

ユニークな商品を数々世に送り出しているヴィレッジヴァンガードのオンラインストアで販売開始している。現在は予約注文を受け付けている段階で、発送は2017年9月下旬頃となっている。

価格は?

気になる価格は、¥5,940(税込)

リュックサックとしては無難な価格設定だと感じましたね。目が行くのはやはりそのデザイン力(笑)子供が持ってたらめっちゃ可愛いでしょうね~。もちろん、若い子が持ってても○かと。

サイズは?

縦幅40×横幅25×奥行き17センチ

用紙のB4やA3ぐらいの大きさですね。わかりにくいか^^;

広げた新聞紙の1/4くらいの大きさです。それでもわかりにくいか^^;

お弁当リュック賞

女の子が背負うとこんな感じですね。

リュックサックとしては普通の大きさですね。普通だから使い勝手が良い。

それぞれが独立している

弁当箱

この【お弁当リュック】はデザインがお弁当の絵柄のように見えるが、実は、シースルータイプのお弁当リュックに、ポーチである【白米と梅干】【からあげ卵焼き】【焼き鮭ほうれん草きんぴら】のポーチを入れているのだ。

中身を抜いたらこんな感じだ。リュックサックが弁当箱の役割をはたしている(笑)

リュックサックの横には、小物入れも装備。

おかずはポーチになる!

では、中身の″白米″や″おかず達″はというと、それぞれが独立してポーチとしての役割を果たす!

″白米と梅干″のポーチ

これは斬新すぎるデザインだ。

このポーチを電車内での落とし物として届けられた場合、駅員さんは、落し物を処理する際に『日の丸弁当』とするのか、『ポーチ』と処理するのか迷うレベルだ。

(フツーに『日の丸弁当柄のポーチ』と書くだろうが)

駅員さんも落し物の備考欄に『日の丸弁当柄のポーチ』と書くのは、駅員キャリア初の体験となることだろう。

唐揚げと玉子焼

こちらは″白米と梅干″のポーチに比べると小ぶりとなっている。

唐揚げと卵焼きは、お弁当として鉄板のおかずなので、これは嬉しい。

焼き鮭とほうれん草ときんぴら

よく見ると鮭の切り身が2枚も入っていて、テカり具合も忠実に再現されている。

匂いがしてきそうなほどだ。

素材は?

気になる素材だが、

スウェット・サテン・ナイロン・ビニール となっている。

もちろん、食べられない。当たり前だが、食材の匂いもしない。

まとめ

この斬新で画期的なデザインの″お弁当リュック″は、シースルーのリュックサック(弁当箱)に、ポーチ(白米やおかず)をつめて楽しむリュックサックなのだ。

実際にお弁当をつめて学校や職場へ持って行ってもいいだろう。

″お弁当リュック″の中から本当の″お弁当″が飛び出したら、弁当界のマトリョーシカだ。

斬新で奇抜なデザインのリュックサックは多数あるだろうが、ここまで斬新なデザインは今まで見たことがない。このリュックで街を歩くと、街ゆく人のの視線はあなたの背中に注がれることだろう。

そして、あなたのリュックサックををみた人たちは「腹減ったなぁ…」と心の中でつぶやくことになるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする